ヨガと仏教の共通点 鹿児島市吉野・中山のヨガ教室go slow

こんにちは。


今日は、私の通っているアシュタンガヨガ[:トゥリ]鹿児島の


年末恒例108回太陽礼拝でした。


アメブロの方でも書きましたが、今回は初めて西本願寺鹿児島別院での開催。



西本願寺のお坊さん、千羽(ちば)先生(めずらしい名前!)の貴重なお説法も聞けて


有意義な時間を過ごしました。


そして、私のヨガの師匠アシュタンガヨガ鹿児島のNika先生の講話もあり、


それらのお話を私なりに解釈したものをご紹介します。



浄土真宗では、仏様になるために、近づくために日々修行をする。


仏様とは、『悟り』を開いた方。


煩悩から離れると、悟りを開ける。


思い通りにならないのが、苦しい。それが煩悩となる。



仏様とは、『目覚めた方』。


真実に目覚めた人のこと。


煩悩ではなく、真実に目を向ける。


やりたいこと。自分自身の本質。自分がどうありたいか。


まずはそれに気付くこと。




お釈迦様は、2500年前に菩提樹の下で瞑想して、ついに悟りを開いたらしい。


私たちにでもできる瞑想。


ヨガや瞑想によって、自分の煩悩がどんな形をしているのか確認する。


まずはそういうところから煩悩と向き合っていこう。


煩悩だらけの毎日だけど、


できるだけ楽にいきるためにも、煩悩はひとつでも少ないほうがいい。


108個より煩悩は多いというのが、浄土真宗の考えだそう。


私の煩悩いくつあるかな?


去年の西本願寺の除夜の鐘、800回以上より多いかな?



そんなことを考えることだけでも、煩悩と向き合う第1歩。


さあ、来年の私はどうやっていこうか?


私の思う、自分になりたい。






©2019 ヨガと瞑想go slow