私が学んで、やってみてよかった、心理学の実践方法をご紹介します。

こんにちは。


鹿児島市中山・吉野


働く30代女性のためのヨガ教室go slow


八丸菜津美です。



今日は、私が学んで、やってみてよかった、心理学の実践方法をご紹介します。


それは、


【リフレーミング】 再意味づけ


「フレーム」(枠組み・意味)を「Re:」(もう一度つくる)



例えば、


[暗い]をリフレーミングすると→【冷静・落ち着いている】


[人づきあいが悪い]→【自分のやりたいことをやる人、人に流されない】


など。




メジャーな用語なので、知っている方もいるかもしれません。


私は心理学を学ぶまで全然知らなくって


(もしかしたら大学で習ってたかも。全然覚えてなかった!)


そして、この【リフレーミング】がとても苦手なのです。


だから、考えがぐるぐる回って、同じことを繰り返し考えてしまうのかもしれません。



前の記事でも書いた、連休明けに気分が落ち込んだときの考えを、


この【リフレーミング】を使って、再意味づけしてみようと思います。


苦手な分野なので、できてるのかどうかは別として、自分の気持ちの整理も兼ねてやってみます。


前の記事はこちら→https://www.goslow-yoga.com/post/rennkyuu






「妊娠したとしても、体調不良でレッスンにも支障がでるかも。やっと他のところで雇ってもらえるお話もいただいたのに」

【妊娠できるかも、体調不良になるかもわからないし、そのときはそんな生徒さんの気持ちがわかるようになる。雇ってもらえるのも週に1回くらいしかないから、それだけはなんとか頑張ろう。だめなら迷惑かけるけど、謝ろう】

「子供ができたとしても、収入が少ないまま。大丈夫なのか」

【ありがたいことに看護師免許がある。必要になったら必死で働こう】

「こんな世界に子どもを産んでもいいだろうか」

↓ 【こんな世界だから産んでみてもいいのかもしれない】


「お金をかけてまで自分の子ども?こどもがほしいなら養子という手もある」

↓ 【治療は自分が納得するものをしよう。言われるがまま治療が進むんじゃなくて、自分で勉強してなるべく自然なように。それと特別養子縁組も調べてみる。そこに関わる仕事につくということで、社会貢献することもできる】



「特別養子縁組は難しいし、旦那はそこまでしてはいらないというし」

↓ 【特別養子縁組を知ることから始めよう。相手に強要することじゃない。自分の思うように勉強してみよう】


「ペット感覚で母親になりたいって、私は思ってるんじゃないか」

↓ 【そうだったら、こんなに真剣には思い悩んでない。自然と妊娠できる人よりは考えぬいた。ペットを家族だと思って暮らしている人もいる。】




「だったら乳児院とかで働いてみるとか」

↓ 【なんだ!意外とできてるじゃないか、リフレーミング!】



「ヨガ教室を再開するのにも、楽しみと不安も混じるようになってきたな」

【最近はレッスンもほとんど生徒さんいなかったから、不安になるのはしょうがない。不安になるってことはちゃんと考えているってことだ。勉強してレッスンに備えよう】



「世の中の人は働いているのに、私は何もしていない」

↓ 【休みの間に、今までできなかったいろんなことを経験しよう】




いかがでしたか?


リフレーミングになってるかどうかはちょっと心配だけど、


こんな風に、自分の考えや思いを、もう一度考えなおしてみるのは


気分が変わる良い方法です。



気分が晴れない、そんなときは試してみてもいいかもしれません。



©2019 ヨガと瞑想go slow